Home > 最新情報

最新情報

ラジオと防災シンポジュウム2015 ―災害時のコミュニティFMの役割―

わかやま地域情報化フォーラム

ラジオと防災シンポジュウム2015 ―災害時のコミュニティFMの役割―

2011年3月の東日本大震災や同年9月の紀伊半島豪雨災害は、災害発生時に情報が果たす役割の重要性を再認識させました。インターネット時代と言われる現代でもラジオは発災時に最も身近で有効な情報共有メディアの一つです。しかし、ラジオを有効に機能させるためには非常時だけでなく、普段から使えるメディアとして活用することが必要です。ラジオの果たす役割や今後の課題について、地元住民、自治体、放送事業者などが識者を交えて話し合います。

日時:2015年11月21日(土) 13:00 ~ 16:40(13:00開場)
会場:和歌山県立情報交流センターBig・U 多目的ホール
(JR白浜駅下車  タクシー約6分)
定員:300名(入場無料)

プログラム
第1部  基調講演
『地域における災害情報伝達をどう進めるか
~ラジオメディアを中心に~』
村上 圭子 / NHK放送文化研究所メディア研究部 主任研究員

第2部  パネルディスカッション
『災害に備えて~ラジオは何をすべきか、何ができるか~』
コーデネータ
仲山 友章 氏 / WIDA防災研究部会部会長
パネリスト
村上 圭子 氏
白石 勝洋 氏 / 日本コミュニティ放送協会 監事
泉 房次郎 氏 / 神子浜町内会長・田辺市自主防災会長
尾崎 晴人 氏 / 和歌山県立田辺高等学校在学生
水上 颯 氏 / 和歌山県立田辺高等学校在学生

主催:一般社団法人 日本コミュニティ放送教会 近畿地区協議会
和歌山県情報化推進協議会(WIDA)
後援:総務省近畿総合通信局、和歌山県、田辺市、白浜町
協賛:近畿情報通信協議会

wakayama_ciforumw500.jpg

お申込み方法 必要事項をご記入のうえFAXでお申込みいただくか、下欄の内容を明記のうえ、E-mailでお申込みください。
締め切り 2015年11月18日(水)
お申込み先 FAX:073-428-2688  E-mail:info@wida.jp
お名前(ふりがな) 企業・団体名(個人の方はお住まいの市町村) 電話番号
定員 (300名)になり次第、締め切らせていただきます。

3/6(木)シンポジウム 南海トラフ巨大地震に臨む~ICTを活用した地区防災とBCP~

3/6(木) 13:00~16:30

シンポジウム 南海トラフ巨大地震に臨む~ICTを活用した地区防災とBCP~

南海トラフ巨大地震等の大規模地震の発生が懸念される中で、地域防災力向上の観点から、地域住民、事業者等が自発的に行うコミュニティレベルでの防災活 動が注目されています。平成25年度、災害対策基本法が改正され、事業継続に関する努力義務規定や住民、事業者等によるコミュニティレベルでの地区防災計 画制度などが盛り込まれました。 このような状況を踏まえ、BCPや地区防災の現状と課題・今後の方向性について、先進コミュニティや地域に根差した活動を展開している団体等を招いたシンポジウムを行い、制度の普及と啓発を進めます。
基調講演 「地域防災力の向上と地区防災計画」 室﨑 益輝 氏
(かんさい生活情報ネットワーク協議会 会長・ 神戸大学名誉教授)

内閣府説明
「地区防災計画ガイドラインの概要」(予定)西澤 雅道 氏 (内閣府(防災担当)普及啓発・連携担当参事官室参事官補佐) 「事業継続ガイドライン改正の概要」(予定)筒井 智士 氏 (内閣府(防災担当)普及啓発・連携担当主査)

事例紹介
「学校自主防災活動事例」 羽藤 竜太 氏(日本防災士会大阪府支部 副支部長)
「コミュニティFM活動事例」 斉藤 惠一 氏(宮城県登米市 H@!(はっと)FM局長 )
「かんさい生活情報ネットワークについて」 但野 克典 氏(かんさい生活情報ネットワーク協議会 代表幹事)
「高知県四万十町興津地区の事例」 矢守 克也 氏(京都大学防災研究所 教授)

パネルディスカッション 「ICTを活用した地区の防災とBCP」(仮題)
コディネータ 矢守 克也 氏
パネラー 室﨑 益輝 氏 西澤 雅道 氏 筒井 智士 氏 羽藤 竜太 氏 斉藤 惠一 氏 但野 克典 氏

シンポジウムはユーストリームでインターネットLive中継配信します。
http://www.ustream.tv/channel/chikubousai
当日講演やシンポジウムへの質問を、Twitter #chikubousai にて受付 16:00まで

このシンポジウムの模様を、特別番組としてJCBA近畿地区会のコミュニティFMで放送いたします。
JCBA 近畿 防災特別番組  「南海トラフ巨大地震に臨む~情報通信技術を活用した地区の防災と事業継続計画」

放送日時は放送局によって異なります。
詳しくはお近くのJCBA近畿地区会加盟のコミュニティFMまで。

更新情報

2013年度組織更新しました。 …2013.7.9

お問い合わせ先 更新しました。 …2013.7.9

第15回放送賞の結果を更新しました。 …2013.7.9

第14回放送賞の結果を更新しました。 …2013.7.9

『ラジオと防災シンポジウム』特設サイトのお知らせ

2011年11月25日にJCBA近畿地区協議会の主催で伊丹市立アイホールに於て開催した
「ラジオと防災シンポジウム」の特設サイトを開設しました。
同サイトでは、当日の内容を写真と共に音声ストリーミングでお聴きいただけます。

下記のバナーおよびリンクからアクセスできます。

1125bousai_bn.jpg

JCBA近畿地区協議会・ラジオと防災シンポジウム(http://fmhanako.jp/jcba/rtb/)


【第1部 東日本大震災・被災局報告】

「あのとき、コミュニティFM局はこう動いた」をテーマに、東日本被災地の放送局である 奥州エフエム 取締役放送局長 佐藤孝之氏、そして、臨時災害放送局のFMあおぞら 放送担当総合チーフ 吉田 圭氏に貴重なお話しをお伺いしました。

 報告者
  奥州エフエム(岩手県奥州市)取締役放送局長 佐藤 孝之 氏
  FMあおぞら(宮城県亘理町/臨時災害放送局)放送担当総合チーフ 吉田 圭 氏

【第2部 パネルディスカッション】

「災害時における市民の行動とコミュニティ放送の役割」をテーマに、行政、市民、コミュニティ放送局、それぞれの立場から、パネリストの皆さんにご意見をお伺いし、災害時における行政と放送局の関係、また、市民は災害時、ラジオに何を求めているのか、そして、放送局同士の連携の在り方などを議論しました。

 パネリスト 藤原 保幸 氏(伊丹市長)
       佐藤 孝之 氏(奥州エフエム)
       吉田  圭 氏(FMあおぞら)
       原  拓生 氏(田辺市民)
       井関  悟(JCBA近畿地区会長・FMいかる)
 進行役   中川 直子(JCBA近畿地区災害対策委員・ならどっとFM)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 主 催  日本コミュニティ放送協会(JCBA)近畿地区協議会
 共 催  伊丹市
 後 援  総務省近畿総合通信局・兵庫県阪神北県民局・尼崎市・伊丹市・三木市
      伊丹商工会議所・朝日新聞社・読売新聞社・毎日新聞大阪本社・産経新聞社
      神戸新聞社・一般社団法人日本コミュニティ放送協会

 主 管  伊丹コミュニティ放送(株)(エフエムいたみ)
      (財)尼崎総合文化センター(エフエムあまがさき)
      (株)エフエム三木(エフエムみっきぃ)
      (株)エフエムちゅうおう(YES-fm)
 

1125bousai.jpg

ラジオと防災シンポジウム

JCBA近畿地区協議会では2011年3月11日の東日本大震災を踏まえ、災害時におけるコミュニティ放送局の使命・役割を、放送関係者だけでなく、市民や行政が再認識するため、下記の通りシンポジウムを開催いたします。

*本シンポジウムの模様は主管局4局をはじめ、JCBA近畿地区加盟各局とインターネットで後日放送予定です。
 

タイトル  ラジオと防災シンポジウム
       「災害時における市民の行動とコミュニティ放送の役割
         -3.11 あのとき、CFM局はこう動いた-」

日  時  平成23年11月25日(金)午後1時〜3時(受付:12時30分)
場  所  伊丹市立アイホール(JR伊丹駅前)
定  員  200名(来場者には非常用グッズ進呈)

 

<シンポジウムの内容>

【第1部 東日本大震災・被災局報告】
 テーマ:あのとき、CFM局はこう動いた

 奥州エフエム(岩手県奥州市)取締役放送局長 佐藤 孝之 氏
 FMあおぞら(宮城県亘理町/臨時災害放送局)放送担当総合チーフ 吉田 圭 氏

【第2部 パネルディスカッション】
 テーマ:災害時における市民の行動とコミュニティ放送の役割

 パネリスト 藤原 保幸 氏(伊丹市長)
       佐藤 孝之 氏(奥州エフエム)
       吉田  圭 氏(FMあおぞら)
       原  拓生 氏(田辺市民)
       井関  悟(JCBA近畿地区会長・FMいかる)
 進行役   中川 直子(JCBA近畿地区災害対策委員・ならどっとFM)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主 催  日本コミュニティ放送協会(JCBA)近畿地区協議会
共 催  伊丹市
後 援  総務省近畿総合通信局・兵庫県阪神北県民局・尼崎市・伊丹市・三木市
     伊丹商工会議所・朝日新聞社・読売新聞社・毎日新聞大阪本社・産経新聞社
     神戸新聞社・一般社団法人日本コミュニティ放送協会(含 申請中)

主 管  伊丹コミュニティ放送(株)(エフエムいたみ)
     (財)尼崎総合文化センター(エフエムあまがさき)
     (株)エフエム三木(エフエムみっきぃ)
     (株)エフエムちゅうおう(YES-fm)
 

1125bousai.jpg

近畿発・Cの力、Rの絆『ゆるキャラで初笑い!』

 

日本コミュニティ放送協会(JCBA)では、2009年度より“C(コミュニティ)の力、R(ラジオ)の絆”をテーマに、共同番組などの取り組みを展開しており、本年度は、各地区毎の制作による特徴ある番組を毎月放送しています。

そして、この度、平成23年1月度は近畿地区が共同番組の制作を担当、全国に向けて番組を発信することになりました。
全国各地で人気の“ゆるキャラ”は、老若男女問わず親しまれ、その人気は、地元だけでなく全国にも広がっています。全国を代表する“ゆるキャラ”の発祥地といえる近畿地区から、お馴染みの“ゆるキャラ”から個性的な“ゆるキャラ”まで、その隠れた魅力とご当地の特色を伝えながら、関西のお笑いの要素を取り入れた万人が楽しめる番組です。

<番組概要>

◎タイトル 近畿発 Cの力、Rの絆『ゆるキャラで初笑い!』

◎放送日時
2010年1月1日(日)12:00~12:59(全国約50~100局で放送*)
2010年1月8日(土)より7日間(インターネットストリーミングで24時間聴取可)
*各局の都合により放送日時が若干異なる場合があります。

◎番組内容
全国を代表する“ゆるキャラ”の発祥地といえる近畿地区から、お馴染みの“ゆるキャラ”から個性的な“ゆるキャラ”まで、その隠れた魅力とご当地の特色を伝えながら、関西のお笑いの文化をミックスして全国の老若男女が楽しめる番組。

1) ゆるキャラまつりin彦根 ~キグるミさみっと2010~の模様
2) ゆるキャラ紹介・音声クイズ
 … 見た目をひたすら実況するなど、ゆるキャラあてクイズ

 ・誕生秘話 … 担当者にインタビュー
 ・キャラチャレ … 20メートルを何秒で走れるかなどゆるキャラがチャレンジ

◎出演者
 メインパーソナリティ 笑福亭 瓶吾(落語家)

*詳しくは下のバナーより番組特設サイトをご参照ください。

ゆるキャラで初笑い!

6月6日コミュニティ放送の日 特別番組『ラジオってなぁに?』

 2009525

プレスリリース

****************************************

      6月6日コミュニティ放送の日特別番組   「ラジオってなぁに?」を放送します

****************************************

日本コミュニティ放送協会(以下、JCBAという)近畿地区協議会では、66日コミュニティ放送の日にJCBA近畿地区協議会加盟局による特別番組“ラジオってなぁに?”を放送します。

各コミュニティ局での番組の現状はどの様なものであるか、県域ラジオ放送と異なる視点はなにか,立地条件の異なる中で各コミュニティ放送局はどのような工夫をしているのかなど今の実態を聴取者に知ってもらい、将来のコミュニティ局に期待される姿を探ります。

<概要について>

  タイトル 特別番組「ラジオってなぁに?」

  放送日時 200966日(土)コミュニティ放送の日(120分)

※各局の放送時間については「別紙1」をご覧下さい。

  番組内容 JCBA近畿地区協議会加盟局の様々な番組を紹介し、ラジオの役割を探ると共に

コミュニティ放送局の現状と未来について、ゲストコメンテーターからの話も紹介します。

1)事例紹介

2)ゲスト・トーク

コミュニティ放送の特性が発揮されているプログラムの抜粋紹介

(平成214月の放送賞で入賞した番組も取り上げます)

  出演者 

総合司会   山田健人(エフエム三木取締役放送局長)

      アシスタント 薗田涼子(タレント)

ゲストコメンテイター 井上宏(関西大学名誉教授)

松浦さと子(龍谷大学准教授)

町田孝三郎(放送作家)

   出演者のプロフィールにつきましては「別紙2」のとおり

================================

【本件に関するお問い合わせ先】
JCBA近畿地区協議会 事業委員会 委員長 今井正男
e-mail: klfm@comet.ocn.ne.jp
 075-602-0845/Fax075-602-9415
612-8087 京都市伏見区京町大黒町115-3(京都リビングエフエム内





<別紙1>JCBA近畿地区協議会 共同特別番組 各局放送時間一覧

 社  名

ステーション名 

 周波数(MHz)

放送時間 

 株)エフエムもりぐち  FM HANAKO  82.4  20:00~22:00
 エフエム宇治放送(株  FMうじ  88.8  12:00~14:00
 株)京都リビングエフエム  FM845  84.5  19:00~21:00
 みのおコミュニティ放送(株 TACKEY816  81.6  19:30~21:30
 株)エフエムわいわい  FMわいわい  77.8  12:00~14:00
 財)尼崎市総合文化センター(エフエムあまがさき)  FM aiai  82.0  20:00~22:00
 株)エフエムちゅうおう  YES・FM  78.1  14:00~16:00
 株)エフエム三木  エフエムみっきい  76.1  16:00~18:00
 伊丹コミュニティ放送(株  ハッピーFMいたみ  79.4  13:00~15:00
 株)エフエムひらかた  FMひらかた  77.9  20:30~22:30
 株)エフエム・キタ  Be Happy!789  78.9  8:00~10:00
 西宮コミュニティ放送(株  さくらFM  78.7  16:00~18:00
 株)エフエムあやべ  FMいかる  76.3  11:00~13:00
 やおコミュニティ放送(株  FMちゃお  79.2  11:00~13:00
 南紀白浜コミュニティ放送(株  FMビーチステーション  76.4  13:00~15:00
 株)エフエムたじま  FM JUNGLE  76.4  12:00~14:00
 エフエム西大和(株  FMハイホー  81.4  12:00~14:00
 株)奈良シティエフエムコミュニケーションズ  ならどっとFM  78.4  14:00~16:00
 株)エフエム宝塚  FM宝塚  83.5  18:00~20:00
 株)姫路シティエフエム21  FM ”GENKI”  79.3  19:00~21:00
 株)エフエムさんだ  Honey FM  82.2  21:00~23:00
 びわ湖キャプテン(株  ラジオスイート  81.5  12:00~14:00
 BAN-BANテレビ(株  BAN-BANラジオ  86.9  13:00~15:00
 千里ニュータウンFM放送(株  FM千里  83.7  18:00~20:00
 NPO法人 エフエム和歌山  バナナFM  87.7  13:00~15:00





<別紙2> ■ 出演者プロフィール

inoue.jpg

ゲストコメンテイター  

 井上 宏(いのうえ ひろし)

大阪市生まれ 京都大学文学部哲学科社会学専攻卒業昭和35年 読売テレビ放送株式会社入社 その後、関西大学社会学部専任講師、米国ロックハースト大学客員教授を経て、関西大学名誉教授に就任。平成6年「日本笑い学会」を設立、初代会長。平成11年から3年間「ワッハ上方」館長を勤める。

matu.jpg

ゲストコメンテイター   

 松浦 さと子(まつうら さとこ)

兵庫県伊丹市出身 大谷大学短期大学部国文科卒業 中京テレビ放送報道部アナウンサーをはじめ、各テレビ局報道部を経て名古屋大学に学び、同大学院人間情報科学研究科より「非営利情報の経路と受容NPOのアドボカシーと行為動機の形成」で博士号を授与される。その後、摂南大学経営学部助教授、龍谷大学経済学部助教授等を経て、同大学准教授となる。

machida.jpg

ゲストコメンテイター   

 町田 孝三郎(まちだ こうざぶろう)

青森県弘前市生まれ 立命館大学文学部英米文学科卒業雑誌編集、コピーライターを経てフリーの放送作家へ転向。その後、20年間ラジオの情報番組を中心に活動する。日本放送作家協会会員、日本笑い学会理事、大阪府立東住吉高等学校特別非常勤講師 

yamada.jpg

総合司会  

 山田 健人(やまだ けんじん)

大阪府生まれ 関西学院大学経済学部卒業昭和36年 株式会社ラジオ関西入社 アナウンサーとしてスポーツ中継や、報報道番組を担当。番組制作、イベントプロデューサーも手掛ける。平成124月 株式会社エフエム三木 取締役局長 現在に至る

sonoda.jpg

アシスタント  

 薗田 涼子(そのだ りょうこ)

鹿児島県出身 大阪市工芸高校(インテリア科)卒業18歳の時に、ラジオ関西「ポピュラー電話リクエスト」でデビューその後、ラジオ大阪「歌謡曲これイチバン」をはじめ、他、多数出演平成19年「Ron-Mari Project」を立ち上げる。

 

JCBA近畿共同企画番組「おかあさん」 受賞作文の発表!

5月11日母の日に放送されたJCBA近畿共同企画番組「おかあさん」のJCBA近畿での審査が行なわれ、各局の最優秀賞作品の中から、次の作品がみごと受賞されました。

<審査の講評>

力作揃いで審査は苦労した。特に子供と大人の作文を同一審査ということで、審査のポイントを何処に置くかは迷うところ。
中で、最優秀賞を受賞したFM”GENKI”からの作品は、母への感謝の気持ちを抽象的に表現するのではなく、具体的な事例も織り込んで全体としてのインパクトが強い作品になっている。優秀賞のFMいかるからの作品は、いかにも小学生らしい素朴な表現・文章構成で、それでいて亡くなったお母さんへの想いが際立つ作品。FM宝塚からの作品は、“至らぬ妻でございました”という一言が秀逸。情景が目に浮かび感動を呼ぶ。

 

<最優秀賞>  FM”GENKI”からエントリーされた作品 ラジオネーム:わか  さん

私は、目に障害を持って生まれてきた。
幼い頃 、二度の手術を行ったがそれでも治らず、
その障害を見てすぐに分かる外見上のものだったので、
人が言った何気ない言葉に子供の時から傷ついていた。

ある時、自分の中で押さえていたものがパンクしてしまい、
思わず母に泣きながら叫んでいた。
「なんでまともな姿で産んでくれへんかったん!。」
いつもは太陽のように明るくて、決して泣かない母も
同じように泣いていた・・・。

数年後、私は淡路島で震度7を経験した。
両親に会えたのは三日後で、両手にはポリタンクいっぱいの水。
肩に食い込むリュックには、母が握った何十個ものおにぎり。
もちろん私の分だけではない。
私の母は、そんな母。

お母さん、あの時はあんなひどいことを言って本当にごめんなさい。
私は、お母さんの娘として生まれてきて、本当に良かったと思っている。
どんな姿でも、産んでくれてありがとう。

 

<優秀賞>  FMいかる からエントリーされた作品 上原じゅん子 さん

「だいすきなおかあさん」

言いたいなお母さんに。

お母さんのすきなところは、やさしいところです。
トランプをしてくれてありがとう。
りょうりをしてくれてありがとう。
べんきょうを教えてくれてありがとう。
絵の書き方を教えてくれてありがとう。
いろいろ遊び方を教えてくれてありがとう。
計算とひっ算を教えてくれてありがとう。

言いたいなお母さんに。

お母さんに、にているところは、目です。

にていないところは、顔と足です。
わたしがおかあさんがなくなった年の48才になるとにてくるかな。

だいすきなおかあさんです。

 

<優秀賞>  FM宝塚 からエントリーされた作品 ラジオネーム:さわ すなを さん 

私は母を思い出すとき、いろいろな光景と共に、

穏やかな優しい笑顔が浮かびます。
昨年亡くなりましたが、97歳という大往生でした。
父も96歳まで生き、草花や料理が大好きな家庭的な母に、
父はいつも感謝していました。

昔の人にしては、お洒落でモダンさもあり、
たくさんの思い出と共に、会話の中で女性としての
生き方を教えていたように思います。

母を語るとき、忘れられない一場面があります。

十年前、父との別れがありました。

その日、すでに車椅子だった母は、ゆっくり近づき、
深々と頭を下げ、しばらく父を見つめていました。
そして姿勢をただし、凛とした声で、
”至らぬ妻でございました” と両手を合わせました。
思いがけない言葉に、映画のワンシーンを見ているようで、涙があふれました。

まさに激動の長い人生を、共に生き抜いたからこそ言えた、

母らしい言葉ではないかと思っています。

今日は母の日です。  また優しい笑顔を思い出しました。

特別番組「おかあさん」

5月11日母の日に放送されたJCBA近畿共同企画番組「おかあさん」のJCBA近畿での審査が行なわれ、各局の最優秀賞作品の中から、3作品がみごと受賞されました。 

<受賞作品はこちら>

************************************

2008年3月21日
報道関係社各位
プレスリリース

日本コミュニティ放送協会(JCBA)
近畿地区協議会 会 長 田口 昭南

===================================
“家族・地域の絆再生 啓発キャンペーン”

近畿のコミュニティFM24局初の共同制作番組
特別番組「おかあさん」の発表
===================================

政府は“「家族・地域の絆再生」政務官会議PT中間とりまとめ”として、家族(親と子、祖父母や兄弟、親類等)と家族が暮らす身近な地域(町内会等)の絆や生命を次代に継承していくことの重要性について、国民全体の理解を深め、家族と地域の絆を再生することにより、「結婚して子どもを産み育てることが当たり前と皆が自然に考える社会」の実現を目指す。と発表しています。

当団体では、日頃より地域の活性化に向けた取り組みの中で、地域や家族の絆づくりをテーマとした番組やイベントを行ってまいりました。この度、家族の象徴である「おかあさん」をテーマに、5月母の日に近畿地区のコミュニティFM局24局が揃って、啓発キャンペーン番組を放送いたします。

近畿地区のコミュニティ24局が揃って特別番組を行うのは今回が初めてとなります。同一テーマをもとに、各局がそれぞれの特性をいかした24通りの番組を制作して、母への想い・家族の絆をアピールします。

<概要について>
◎タイトル 特別番組「おかあさん」

◎放送日時 2008年5月11日(日)母の日 2時間生放送
(※番組編成の都合で1時間生放送の局もあります)

◎番組内容 番組の柱として、各局共通で、リスナーから「おかあさん」をテ
ーマとした作文(400字以内)を募集し、その中から数点(2時間番組は10点以上、1時間番組は6点以上)を選抜し番組内で朗読し紹介。

◎作文募集 リスナーを対象に各局で行ないます。(募集は2008年3月21日~スタート)

◎各局表彰 各局それぞれに、番組内で朗読紹介した作品の中から、最優秀賞
1点、優秀賞2点を定め、番組内で発表。尚、最優秀賞には1万
円(または相当の図書券)、優秀賞には5千円(または相当の図書
券)を進呈。

◎JCBA近畿地区表彰
各局の最優秀作品を更に当団体が審査して、JCBA近畿地区最
優秀賞1点、優秀賞2点を定め、最優秀賞には5万円、優秀賞に
は2万円を進呈する。また、表彰作品は各放送局が、自社の任意
の制作番組内で発表紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【本件に関するお問い合わせ先】
JCBA近畿地区協議会 事業委員会 委員長 今井正男
e-mail: klfm@comet.ocn.ne.jp  ℡075-602-0845/Fax075-602-9415
〒612-8087 京都市伏見区京町大黒町115-3(京都リビングエフエム内)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Home > 最新情報

  • 関連リンク

    • 01JCBA
    • 02radio star
    • 03JASRAC
    • 08総務省
    • JRC
    • Radio Magazine
    • RIAJ
    • 放送批評懇談会
Feeds

Page Top