Home > 最新情報 > ラジオと防災シンポジュウム2015 ―災害時のコミュニティFMの役割―

ラジオと防災シンポジュウム2015 ―災害時のコミュニティFMの役割―

わかやま地域情報化フォーラム

ラジオと防災シンポジュウム2015 ―災害時のコミュニティFMの役割―

2011年3月の東日本大震災や同年9月の紀伊半島豪雨災害は、災害発生時に情報が果たす役割の重要性を再認識させました。インターネット時代と言われる現代でもラジオは発災時に最も身近で有効な情報共有メディアの一つです。しかし、ラジオを有効に機能させるためには非常時だけでなく、普段から使えるメディアとして活用することが必要です。ラジオの果たす役割や今後の課題について、地元住民、自治体、放送事業者などが識者を交えて話し合います。

日時:2015年11月21日(土) 13:00 ~ 16:40(13:00開場)
会場:和歌山県立情報交流センターBig・U 多目的ホール
(JR白浜駅下車  タクシー約6分)
定員:300名(入場無料)

プログラム
第1部  基調講演
『地域における災害情報伝達をどう進めるか
~ラジオメディアを中心に~』
村上 圭子 / NHK放送文化研究所メディア研究部 主任研究員

第2部  パネルディスカッション
『災害に備えて~ラジオは何をすべきか、何ができるか~』
コーデネータ
仲山 友章 氏 / WIDA防災研究部会部会長
パネリスト
村上 圭子 氏
白石 勝洋 氏 / 日本コミュニティ放送協会 監事
泉 房次郎 氏 / 神子浜町内会長・田辺市自主防災会長
尾崎 晴人 氏 / 和歌山県立田辺高等学校在学生
水上 颯 氏 / 和歌山県立田辺高等学校在学生

主催:一般社団法人 日本コミュニティ放送教会 近畿地区協議会
和歌山県情報化推進協議会(WIDA)
後援:総務省近畿総合通信局、和歌山県、田辺市、白浜町
協賛:近畿情報通信協議会

wakayama_ciforumw500.jpg

お申込み方法 必要事項をご記入のうえFAXでお申込みいただくか、下欄の内容を明記のうえ、E-mailでお申込みください。
締め切り 2015年11月18日(水)
お申込み先 FAX:073-428-2688  E-mail:info@wida.jp
お名前(ふりがな) 企業・団体名(個人の方はお住まいの市町村) 電話番号
定員 (300名)になり次第、締め切らせていただきます。

Home > 最新情報 > ラジオと防災シンポジュウム2015 ―災害時のコミュニティFMの役割―

  • 関連リンク

    • 01JCBA
    • 02radio star
    • 03JASRAC
    • 08総務省
    • JRC
    • Radio Magazine
    • RIAJ
    • 放送批評懇談会
Feeds

Page Top